ケータイ辞書JLogosロゴ 屋敷村(近世)


福島県>会津高田町

江戸期〜明治10年の村名会津地方中部,赤沢川上流に位置する大沼郡のうち古くは尾岐郷に属したはじめ会津領,寛永20年からは会津藩領高田組上に属す村高は,寛文5年の高田組万改帳(会津風土記風俗帳1)では172石余,文化15年の村日記(県史10下)および「天保郷帳」「旧高旧領」では175石余村名は,古くは松本氏の船岡館があり,家臣も住したことによるという(新編会津)端村に天神堂(上屋敷)がある本村は下屋敷とも称した寛文5年の家数は下屋敷12軒・天神堂11軒(高田組万改帳)化政期の家数は本村の下屋敷7軒,はなれて一区をなす新屋敷があり3軒,天神堂10軒(新編会津)元和元年僧玄照が天台宗正法寺を再興した明治4年の戸数17,うち寺1,人口95(若松県人員録)若松県を経て明治9年福島県に所属翌10年杉内村と合併して杉屋村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7270646
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ