ケータイ辞書JLogosロゴ 行方野(中世)


福島県>鏡石町

南北朝期に見える地名石河荘のうち貞治6年8月25日の足利義詮感状に「去月廿七日,奥州石河庄行方野合戦之時」と見え,7月27日行方野において結城朝常が吉良治家を討ったことに対して感状が出されている(結城小峯文書/県史7)また,「義経記」にも「ゆきかたの原に馳付き」と見えているただし,相馬地方の旧名行方【なめかた】郡のよみ,また行方野に近い滑津【なめつ】の存在などからすると「なめかたの」と呼ばれたとも考えられる中通り南部,現在の鏡石町・矢吹町を含む一帯に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7270851
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ