ケータイ辞書JLogosロゴ 吉志田村(近世)


福島県>喜多方市

江戸期〜明治8年の村名吉賀下・吉が下(会津風土記),吉下(会津温故拾要抄)とも称したが,寛文年間古名吉志田に復したという(新編会津)会津地方北部,押切川西岸に位置する耶麻【やま】郡のうち古くは加納荘に属したという会津藩領五目組に属す村高は,文禄3年の蒲生高目録では吉賀下とあり241石余文化15年の村日記(県史10下)では489石余,「天保郷帳」465石余,「旧高旧領」481石余端村に新屋敷がある化政期の家数は本村24軒,新屋敷7軒(新編会津)肝煎は天正年間蘆名氏に仕えてこの村を領したという瓜生筑後重次の子孫である瓜生氏の世襲(同前)鎮守は山神社寺院は曹洞宗万松山威徳寺,同寺は永正10年熱塩村示現寺第7世桃渓が再興したという(同前)明治8年高畠村・中村と合併して鳥見山村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7270941
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ