ケータイ辞書JLogosロゴ 青柳村(近世)


茨城県>取手市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国相馬郡のうち。初期は井野7か村のうち。寛永11年幕府領,同19年佐倉藩領を経て,正徳元年からは旗本本多氏の知行。寛永11年の検地帳によれば,反別は田38町8反余・畑33町1反余・屋敷1町1反余,名請人は71名,うち屋敷地名請人40名で,青柳新田も見える。検地帳では「当発」注記が多い(海老原家文書/取手市史)。村高は,「元禄郷帳」645石余,「天保郷帳」647石余,「旧高簿」646石余,「旧高旧領」647石余。村内は,東・西組に分かれ,それぞれに村役人が置かれた。天保5年の家数71(南組39・東組32),ほかに寺2,人数458。宝永2年から当村は幕府より藺草栽培地に指定された。文政4年の家数69軒のうち24軒に7畝歩ずつ,45軒に6畝歩ずつ割り当てられ全戸が栽培に従事していた。寺社は,浄土宗本願寺・同寿福院・鹿島社・八幡社・加茂社。本願寺は応永3年開基と伝え,鬼作左の名で知られる本多重次の菩提寺でもあった。寿福院は明治4年までには無住となる。鹿島社は寛文13年創建,八幡社は延宝8年創建。明治6年の物産は,米442石余・麦62石余・大豆56石余・小豆11石余・小麦25石余・綿50貫目・醤油23斗・藺草600束など。明治8年茨城県,同11年北相馬郡に所属。明治9年の反別は田53町4反余・畑23町3反余。明治22年井野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271103
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ