ケータイ辞書JLogosロゴ 阿佐村(中世)


茨城県>水戸市

室町期に見える村名常陸国吉田郡吉田郷のうち応永9年7月19日の吉田社大禰宜大舎人恒成寄進状写に「吉田かうの内阿佐村ニ法くわんか内壱宇,同ならひにほけうか内壱宇,ともに合二宇お,大禰宜恒成か重代相伝たる間」と見える(吉田薬王院文書/県史料中世)吉田社において大舎人氏が,大祝・権祝・神主を世襲したが,大祝職を世襲した大祝家は,阿佐村に相伝の所領を有していたまた,吉田郷内の小地名として「中さわ」「たかたへ」などが認められる大祝家は「阿佐」とよばれていたように当村を本領の地としていた吉田郷内とあることから,現在の水戸市内と思われるが,比定地は未詳
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271180
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ