ケータイ辞書JLogosロゴ 愛宕町(近世)


茨城県>笠間市

江戸期〜明治11年の町名笠間城下の1町笠間城の北西に位置する笠間5か町の1つ町の規模は南北2町余宝永2年「町方軒別書上」によれば,屋敷数40軒・店借13戸,人数189人,内訳は地作16(うち店借4)・穀売1・酒売4(うち店借1)・豆腐屋2(店借)・煎餅屋4・大工2など,ほかに上市毛村名主などがいた(県史料近世社会経済編)町の中央に町名の由来である愛宕権現があり,嘉禎年間笠間時朝の勧進といわれる寺院は,真言宗威徳院・法華宗真浄寺町の北東,水戸道への出口を三間屋といい,番所があり,のちに相生町とよばれた三間屋の西方を新組といい,のちに桜小路とよばれた明治11年笠間町の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271212
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ