ケータイ辞書JLogosロゴ 天宝喜村(近世)


茨城県>茎崎町

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国河内郡のうち。元禄年間・幕末期ともに牛久藩領。村高は,「元禄郷帳」117石余,「天保郷帳」118石余,「旧高簿」148石余。牛久宿の助郷村で助郷高は80石,ただし,文化2年から文政10年までの助郷高は65石(茨城百姓一揆)。天保6〜7年にかけて牛久藩領の高崎・小茎・六斗蒔(小茎村のうち)の3か村は当村と入会秣場の採取権をめぐって争っていたが,ついに当村の百姓は3か村を相手どって老中に駕籠訴し,天保8年4か村で示談が成立。物成米は文化元年166俵,文政10年164俵余。元和年間創建の厳島神社がある。明治8年茨城県,同11年河内郡に所属。明治22年茎崎村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271235
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ