ケータイ辞書JLogosロゴ 洗井郷(古代)


茨城県>水戸市

平安期に見える郷名「和名抄」常陸国那賀郡二十二郷の1つ那珂川の支流桜川の流域に位置する「洗井」は「隠井」の誤りという説が有力(新編常陸など)「隠井」とは,山かげや草むらに隠れて路傍には見えない井をいう(新編常陸)水戸市見川町に古墳時代の見川遺跡,同市見和町に古墳時代の横西遺跡,同市加倉井町に加倉井古墳群,同市飯島町に古墳時代の飯島遺跡,同市金谷町に古墳時代の金谷遺跡,同市大塚町に北原古墳群,同市河和田町に街道端古墳群,同市赤塚町に古墳時代の宮西遺跡,同市中丸町に古墳時代の北原遺跡などがある那賀郡衙については,水戸市飯富町に比定する説(地名辞書),同市渡里町の長者山付近とする説(水戸市史など),同市堀町の堂地内とする説などがあるが,当郷内の現在の水戸市河和田町あたりに比定する説が多い(郡郷考・新編常陸)「新編常陸」によれば,那賀国造は,はじめは那珂郷を拠点としたが,西北の僻地で不便なので,のちに那賀郡が成立した時に郡の中央に位置し大道が通る当郷に郡衙が移されたという現在の水戸市の西部に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271259
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ