ケータイ辞書JLogosロゴ 荒神町(近世〜近代)


茨城県>水戸市

江戸期〜昭和55年の町名江戸期は水戸城下下町の1町明治22年からは水戸市下市のうちで,昭和8年からは水戸市の町名水戸城の東に位置する武家町町名の由来は,一説には荒神橋により(水府地理温故録),また一説には荒神橋のあたりの赤沼町地内の三宝荒神によるという(新編常陸)「新編常陸」によれば,新寺町の南,西は荒神見付から東は荒神橋までをいう寛政9年の武家屋敷数15(水戸の町名)「水府地理温故録」によれば,町の南側西の角に芝地があり,武者溜という明治22年までに南袋町を合併したと思われる一部が昭和45年城東1〜2丁目,同51年柵町3丁目,残部が同55年東台1〜2丁目となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271260
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ