ケータイ辞書JLogosロゴ 飯倉村(近世)


茨城県>阿見町

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国信太【しだ】郡のうち。慶長11年からは陸奥仙台藩領。村高は,慶長11年「常州知行目録」231石余(伊達家文書10/大日古),「元禄郷帳」231石余,「天保郷帳」「旧高簿」ともに261石余。元禄16年の村明細帳によれば,戸数36・人口181,馬18(阿見町史編さん史料)。文化元年牛久助郷一揆に参加し,過料は5貫文。翌2年からは荒川沖宿の増助郷となり,助郷高51石(茨城百姓一揆)。神社は,大同年間創建と伝えられる鹿島神社,延暦年間創建の香取神社。寺院は,天台宗光明院・幸蔵寺(いずれも現在廃寺)。明治8年茨城県,同11年信太郡に所属。明治11年の田畑収穫取調書上帳控によれば,耕地59町8反余,うち田36町4反余・米279石余,畑23町3反余・麦144石余(阿見町史編さん史料)。明治22年君原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271329
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ