ケータイ辞書JLogosロゴ 池田村(近世)


茨城県>つくば市

 江戸期〜明治22年の村名。筑波郡のうち。はじめ佐竹氏領,慶長8年小張藩領,元和2年幕府領,寛永2年からは旗本本多氏の知行,幕末期には一部幕府領。村高は,寛永2年514石余,「元禄郷帳」513石余,「天保郷帳」611石余,「旧高簿」591石余。寛永4年の検地では田40町2反・畑23町7反,延享3年新田検地で林畑37町4反・芝畑1町7反が検地された。鎮守香取神社,真言宗円満院・延命寺・玉蔵院がある。用水は桜川の女堰から取水。戸数・人口は,安永9年71・304,寛政10年63・265,文化13年51・243で馬25,文政11年43(うち居酒屋5・商い2)・212,天保9年33・140(桜井家文書)。池田と福王地の2坪からなり,池田の桜井家と福王地の坂入家とは江戸期を通して名主を勤めた。桜井家は天保年間に旗本本多氏の寺具陣屋の代官となっている。年貢米は鬼怒【きぬ】川の宗道河岸まで駄送りした。牛久宿まで加助郷の人馬を出した。明治8年茨城県,同11年筑波郡に所属。明治22年菅間村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271394
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ