ケータイ辞書JLogosロゴ 伊讃村(近代)


茨城県>下館市

 明治22年〜昭和26年の真壁郡の自治体名。飯島・菅谷・外塚・西谷貝・神分・西大島・石原田・笹塚・小川・下平塚・栗島・岡芹・谷中・伊佐山・下川島・女方・九蔵新田の17か村が合併して成立。旧村名を継承した17大字を編成。役場を菅谷に設置。村名は古代の伊讃郷にちなむ。明治24年の戸数621・人口3,889,厩125,船163。世帯・人口は大正9年920・4,906,昭和10年1,023・5,573,同25年1,393・7,918。昭和24年大田村との間で境界変更が行われた。同年もとの飯島ケ原に伊讃美を新設し18大字となる。昭和26年下館町の一部となり,村制時の18大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271402
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ