ケータイ辞書JLogosロゴ 伊佐々郷(中世)


茨城県>真壁町

 鎌倉期〜戦国期に見える郷名。真壁郡のうち。寛喜元年7月19日の将軍九条頼経袖判下文に,「常陸国真壁郡内……伊佐々……〈已上六ケ郷公領〉地頭職事」と見え(真壁文書/鎌遺3848),真壁友幹の子息時幹に安堵されている。文永6年2月16日,時幹から子息盛時に譲与され,翌7年12月8日,盛時は幕府から安堵を得ている(真壁文書/鎌遺10381・10749)。弘安田文に「伊佐々五丁一段」と見え(税所文書/県史料中世),嘉元田文では,「伊佐々 五丁一反六十分」とある(所三男氏所蔵文書)。正安元年11月23日の幹重への盛時譲状には当郷は見えず,庶子に分割譲与されたと思われるが,康永3年7月2日に真壁高幹は,足利尊氏から「軍忠」により当郷を含む9か郷の地頭職を充行われている(真壁文書/大日料6‐8)。こののち永和3年2月5日,広幹から顕幹へ譲与され(真壁文書),応永11年12月15日,顕幹はこれを秀幹に譲与しているが(真壁文書/大日料7‐6),応永30年秀幹は,鎌倉公方足利持氏に抵抗していた小栗満重を将軍足利義持の命により援助したため,持氏に所領をすべて没収された(真壁安幹文書/家蔵文書)。こののち真壁郡は鎌倉府の御料所となるが,永享8年秀幹の甥朝幹は,持氏に赦免されて真壁郡を預けられ(同前),再び真壁氏に支配された。文明18年9月下旬,聖護院道興は,筑波山参詣後にこの地を訪れ,「わたりきてすゑたとたとし筑波川 いさゝの橋にかかる夕暮」と詠じている(廻国雑記/群書18)。永禄2年6月1日,真壁久幹は「名字之地廿余郷」を古河公方足利義氏から安堵されており,戦国期も真壁氏の支配下にあった(真壁文書/古河市史)。天正18年豊臣政権のもとで佐竹領に編成される。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271417
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ