ケータイ辞書JLogosロゴ 泉村(近世)


茨城県>つくば市

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国筑波郡のうち。はじめ佐竹氏領,慶長7年幕府領,同11年真壁藩領,正保2年旗本井上氏の知行,元禄11年からは土浦藩領。村高は,慶長7年検地で750石余,同19年検地で808石余,慶安4年検地で748石余,「元禄郷帳」738石余,「天保郷帳」748石余,「旧高簿」746石余。百姓家数は,慶長19年61,寛永19年50,寛文12年55,元禄11年83,安政6年67。元和年間には総百姓の村立退きがあった。慶安検地の反別は田36町7反・畑36町8反・屋敷2町2反である。泉・下手の2坪からなる。真言宗慶竜寺・同東光院・天台宗弥勒院と六社明神・熊野・天神・稲荷など6社があった。桜川の氾濫により冠水の被害をたびたび受けた。明治8年茨城県,同11年筑波郡に所属。明治22年北条町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271512
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ