ケータイ辞書JLogosロゴ 板橋村(近代)


茨城県>伊奈町

 明治22年〜昭和30年の筑波郡の自治体名。神生・野堀・板橋・南太田・狸穴・高岡・大和田の7か村と勘兵衛新田・武兵衛新田・重右衛門新田が合併して成立。旧村名を継承した10大字を編成。役場を板橋に設置。明治24年の戸数380・人口2,256,厩232,船21。大正8年の田297町・畑316町・山林662町,主な産物は米・大麦・小麦・繭・葉タバコ(筑波郡案内記)。同9年の世帯456・人口2,609。同15年の世帯456(うち農業359・工業42・商業40・漁業2・庶業13)・人口2,617(筑波郡郷土史)。世帯・人口は昭和10年442・2,662,同25年502(うち農業435・商業32・工業1・サービス業15)・3,018。昭和30年伊奈村の一部となり,10大字は同村の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271572
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ