ケータイ辞書JLogosロゴ 市毛村(近世)


茨城県>ひたちなか市

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国那珂郡のうち。はじめ佐竹氏領,のち慶長14年からは水戸藩領。村高は,寛永12年「水戸領郷高帳」419石余(ほか新田1石余),同21年「御知行割郷帳」521石余(うち田高271石余・畠高250石余),「元禄郷帳」533石余,「天保郷帳」951石余,「旧高簿」547石余。用水は小場江用水路があり,長さ710間。文化年間の村高と灌漑水田の比率は562石余に対し268石余で47%,このほか市毛溜がある(勝田市史)。「水府志料」によれば,常葉組に属し,戸数53,村の規模は東西10町余・南北21町余。助郷は佐和・枝川・田彦宿などに出役。原・本郷両坪からなる。鎮守は鹿島明神を改めた三十番神(鎮守帳)。寺院は天台宗円福寺(市毛はつえ家文書)。元禄年間以降創建の日蓮宗無二亦【むにやく】寺がある。「水府志料」に,寛文2年春,水戸藩家臣古沢平之允重正が当地の古塚から一面ずつ銘を有する真鍮八角の経筒を発見し,徳川光圀に差し上げたとあり,光圀の命により死後徳川綱条が一寺を建立してその経筒を納めたのが無二亦寺であるという。同寺は文化年間頃は蛇除けのお守りを出すことでも広く知られたが(水戸歳時記),天保年間に水戸藩の寺院整理で廃寺となった(筑波根於呂之)。寛文年間頃有名な刀鍛冶大和守吉道が,水戸藩与力で,当村在住の白石長衛門の招きで来住し,坂下の不動滝の水をもって鍛練した(水府志料)。明治4年茨城県,同11年那珂郡に所属。明治22年川田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271584
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ