ケータイ辞書JLogosロゴ 稲村(近世)


茨城県>取手市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国相馬郡のうち。寛永19年佐倉藩領,慶安4年守谷藩領,寛文10年頃関宿藩領,宝永3年幕府領,享保3年関宿藩領,延享4年田安家領を経て,幕末期は田安家と幕府の相給。村高は,「元禄郷帳」538石余,「天保郷帳」555石余,「旧高簿」551石余,「旧高旧領」555石余。増加分は,安永6年と天明8年の新田高入の結果とみられる。ほかに流作場が反高場として編入され,文政10年当時は,幕府領45町3反余・関宿藩領7町1反余。延宝2年の検地帳では,反別は田32町9反余・畑33町8反余,名請人56,うち屋敷持49(海老原家文書/取手市史)。享保10年の家数88,うち名主組頭5・百姓69・水呑10・道心4,人数462(守谷町斎藤家文書/取手市史)。文政12年の家数80・人数438(ほかに寺1・出家1)。天明8年年貢の割賦・皆済,拝借金の配分などについて,名主・組頭を惣百姓が糾弾している。元治元年には水戸の天狗党の軍用金徴発に端を発し,名主退役をめぐり村論を二分する騒動が展開され,慶応2年に落着した。寺社は,天台宗薬王寺・浅間社・山王社。薬王寺は浅間社・山王社の別当。海老原清右衛門は,一得斎奇瓢と号し,嘉永7年「稲村流算法記」を著わし,同学の間に流布した。明治8年茨城県,同11年北相馬郡に所属。明治22年稲戸井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271612
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ