ケータイ辞書JLogosロゴ 稲田村(近世)


茨城県>ひたちなか市

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国那珂郡のうち。はじめ佐竹氏領,慶長14年からは水戸藩領。村高は,寛永12年「水戸領郷高帳」238石余,同21年「御知行割郷帳」391石余(うち田高131石余・畠高260石余),「元禄郷帳」391石余,「天保郷帳」524石余,「旧高簿」364石余。「水府志料」によれば,石神組に属し,戸数57,村の規模は東西13町余・南北5町余。用水は鹿島谷津溜・二つ溜・くつがた溜。助郷は佐和・枝川・田彦宿などに出役。鎮守は今鹿島明神社(鎮守帳)。寛文3年「開基帳」によれば,寺院は文安2年開基の真言宗東聖寺。同寺は寛文6年の水戸藩寺社整理で見捨(廃寺)となる。その後再興して,本寺を以前の醍醐山報恩院(京都府)から長谷寺(奈良県)とした。このほか天和〜貞享年間頃東聖寺の香起上人が村内安全・庶民息災のための四方固めをして祀った道祖神社がある(勝田市史)。江戸期は煤竹の特産地で,毎年水戸藩に煤竹を納めていた(加藤寛斎随筆)。明治4年茨城県,同11年那珂郡に所属。明治22年佐野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271630
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ