ケータイ辞書JLogosロゴ 犬田村(近世)


茨城県>岩瀬町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ常陸国那珂(西那珂)郡,元禄15年からは茨城郡のうち。はじめ佐竹氏領,元禄年間・幕末期ともに笠間藩領。村高は,「元禄郷帳」819石余,「天保郷帳」「旧高簿」ともに824石余。延享4年の村差出帳によれば,村高805石余(田方479石余・畑方326石余)・反別31町6反余(田方17町2反余・畑方14町4反余),家数89・人数371,馬35,紺屋1,紙木作り1,郷倉,真言宗法蔵院・法徳院・三蔵院,社8,橋20,堰11,溜池11,四壁山88がある。「安政高辻帳」に安政年間までの新開5石余として,寺社領を除く笠間藩領805石余。寛延2年笠間藩領山外郷一揆で,当村の百姓代善太郎が手鎖の刑を受けている。神社は犬田神社(新編常陸)。明治4年茨城県,同11年西茨城郡に所属。明治8年犬田小学校を開設。明治15年連合戸長役場が置かれた。明治22年西那珂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271647
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ