ケータイ辞書JLogosロゴ 岩坪村(近世)


茨城県>霞ケ浦町

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国新治【にいはり】郡のうち。はじめ佐竹氏領,元禄年間は幕府領,幕末期は土浦藩領。村高は,寛永12年「水戸領郷高帳」では安食村として,柏崎・岩窪ともにとあり1,722石余(ほか新田44石余),「元禄郷帳」771石余,「天保郷帳」773石余,「旧高簿」526石余。助郷は加助郷。正保3年宍倉藩主秋田俊季が奥州三春に国替となり,領地中1万2,240石を水戸藩が拝領し,代わりに9,620石を上地としたため,差の2,600石が無地高となった。このため当村と男神・坂・大和田・下軽部・成井村の6か村に1,740石が割り当てられた。この結果小物成や,賦課が課せられた(出島村史)。猪鹿の被害から農作物を守るため正徳3年当村と坂・成井・下軽部村の合同で上佐谷村の猟師彦六を3〜10月の間金子7両で雇った。のち元文元年西成井に猪鹿土手を構築したが効果は上がらず,享和2年の「猟師仲摩取極帳」によると当村の藤右衛門ら5名が猪鹿対策を講じている(岡田家文書/出島村史)。寺院は真言宗普門院・堯蔵院・尊乗院・正寿寺(新編常陸)。明治8年茨城県,同11年新治郡に所属。同14年樹芸社が拝借をした官有原野に当地も含まれていた(出島村史)。同20年新岩坪村を合併。明治22年安飾村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271726
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ