ケータイ辞書JLogosロゴ 岩間村(近代)


茨城県>岩間町

 明治22年〜大正12年の西茨城郡の自治体名。岩間上郷村・岩間下郷村・吉岡新田・泉村・市野谷村・福島新田が合併して成立。旧村名を継承した6大字を編成。役場を岩間下郷に設置。村名は中世以来の郷名による。明治24年の戸数609・人口3,853,厩318。同43年の戸数889・人口5,356。大正9年の世帯1,161・人口5,610。明治28年国鉄常磐線が開通し,岩間駅開設。同年の民有反別は,田467町2反余・畑491町6反余・宅地95万6,103坪・山林1,841町4反余・原野62町1反余・公有地307町6反余。同年の職業別戸数は,農業704・工業8・商業34・自由業15,計761。明治41年岩間尋常高等小学校が岩間下郷に開設され,同校第1分教場は岩間上郷,同校第2分教場は泉に置かれた。同42年岩間尋常高等小学校内に岩間農業補習学校,同43年岩間女子実業補習学校開設。大正12年町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271740
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ