ケータイ辞書JLogosロゴ 上野村(近世)


茨城県>茨城町

 江戸期の村名。常陸国茨城郡のうち。もとは上野長岡村のうちで正保年間に長岡村と当村とに分村(新編常陸)。享和元年上野から植農と改められた(水府志料)。はじめ佐竹氏領,宍戸藩領を経て正保3年からは水戸藩領。村高は,「元禄郷帳」478石余,「天保郷帳」では植農村として670石余。「水府志料」によれば,浜田組に属し,戸数41,村の規模は東西12町・南北約35町,村の籾稗貯蔵がある。寺院は曹洞宗金泉寺,神社は稲荷明神で,同社は八幡を潰して改めたものという(新編常陸)。天保年間長岡村の一部となる(同前)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271750
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ