ケータイ辞書JLogosロゴ 蘋町(近世〜近代)


茨城県>水戸市

江戸期〜昭和45年の町名江戸期は水戸城下下町の1町明治22年からは水戸市下市のうちで,昭和8年からは水戸市の町名水戸城の東に位置する武家町「新編常陸」によれば,町名は,隣接する蓮池町の名称にちなみ,向馬場北口から東に向かい,新町に通ずる町で,元禄3年令に児玉数衛門前より元横山角平脇までを浮草町と称するとある寛政9年の武家屋敷数は5(水戸の町名)彰考館の学者宇佐美頻亭,郡宰石河幹忠,時事新報の主筆石河幹明がいた昭和25年の世帯13・人口60(水戸の町名)昭和45年城東2・4丁目となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271764
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ