ケータイ辞書JLogosロゴ 牛久村(近代)


茨城県>牛久市

 明治22年〜昭和28年の自治体名。はじめ河内郡,明治29年からは稲敷郡に所属。牛久・城中・新地・田宮・遠山の5か村と庄兵衛新田村の一部が合併して成立。旧村名を継承した6大字を編成。役場を牛久に設置。明治24年の戸数395・人口1,982,厩76,船65。同29年日本鉄道海岸線田端〜水戸間全通,牛久に牛久駅設置。明治中期の物産は米・麦・茶・繭・薪炭(沿革誌)。大正元年の戸数436・人口2,605,田198町・畑246町・山林440町(稲敷郡是)。明治45年村立実業補習学校開校。昭和22年牛久中学校開校,世帯・人口は,大正9年528・2,545,昭和10年563・2,946,同25年1,027・5,100。昭和29年1月1日町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271783
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ