ケータイ辞書JLogosロゴ 裏南町(近世〜近代)


茨城県>水戸市

江戸期〜昭和41年の町名裡南町とも書き,江戸期は水戸城下上町の1町明治22年からは水戸市上市のうちで,昭和8年からは水戸市の町名水戸城の西に位置する武家町「新編常陸」によれば,古くは大坂町の通路で町を東西に分け東を細小路,西を新鷹匠町と称し,元禄3年に伊東左衛門前を裏南町と称し,当町から西へ南町へ入り西に折れて鷹匠町に至る地を曲尺手【かぎのて】と称したが,のちに廃されたという「水府地理温故録」によれば,うら南町は南町の裏の片側の町の名で,細小路のうちに三輪与五左衛門講釈所とある当町は東西147間・南北50間に町割され,寛政9年の武家屋敷数13,元禄年間藩士に学問を教授する講釈所の森儼塾があった(水戸の町名)「清慎録」などを著述した大内正敬,天狗党の領袖田丸稲之衛門の屋敷があった明治・大正期には住宅地になった昭和25年の世帯58・人口226(同前)昭和41年南町2〜3丁目となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271854
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ