ケータイ辞書JLogosロゴ 瓜連村(近世)


茨城県>瓜連町

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国那珂郡のうち。はじめ佐竹氏領,のち慶長14年からは水戸藩領。村高は,寛永12年「水戸領郷高帳」1,958石余,「元禄郷帳」1,738石余,「天保郷帳」1,834石余,「旧高簿」1,464石余。「水府志料」によれば,大里組に属し,戸数127,村の規模は東西約24町48間・南北約17町16間。常福寺の南1町余に白蓮が開いたという白蓮塚という小塚がある。源義家が奥州征伐の時に休息した折,人々が献上物をしたという伝承が残る「けぜう坂」がある(水府志料)。「加藤寛斎随筆」によれば,当村は地味薄く晩稲に適し,岩崎村堰があり,541石余の水田を灌漑した。寺社は牛頭天王・諏訪明神・浄土宗常福寺・時宗西福寺(新編常陸)。慶長7年徳川家康は常福寺に朱印地100石を与えた。また同寺は常陸国浄土宗の総本山および水戸徳川家の菩提寺として栄えた。明治4年茨城県,同11年那珂郡に所属。明治22年瓜連村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271858
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ