ケータイ辞書JLogosロゴ 大岩田村(近世)


茨城県>土浦市

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国信太郡のうち。はじめ結城氏領,のち幕府領,元和8年麻生藩領,のち幕府と麻生藩の相給を経て,元禄12年からは土浦藩領。村高は,「元禄郷帳」772石余,「天保郷帳」「旧高簿」ともに790石余。霞ケ浦四十八津の小津頭がいた(土浦市史)。「県方集覧」によれば高712石余,小物成に野銭・百姓山銭があり,池6,三昧5,板洗1・土橋2,寺社は真言宗法泉寺・西光寺・高蔵寺・正法寺・東光寺・高福寺・明神社・稲荷社・白山社・天王社・諏訪社・弁天社・八幡社・十二社など。中村宿の定助郷を勤め,天保4年の勤高は380石余(土浦市史編集資料)。明治8年茨城県,同11年信太郡に所属。明治8年山中松兵衛が大岩田学舎を創設。明治22年東村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7271938
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ