ケータイ辞書JLogosロゴ 大鹿村(近世)


茨城県>取手市

 江戸期〜明治18年の村名。相馬郡のうち。寛永19年佐倉藩領,慶安4年守谷藩領,寛文8年関宿藩領を経て,宝永3年からは旗本松平氏の知行。「寛文朱印留」では大鹿取出村と見え,はじめ取手(取出)村と1村で大鹿分と称され,名主は取手村名主が兼帯していたが,延宝2年の検地を契機として村高708石余を2村で折半して分村したという。以来平右衛門家が名主を世襲。延宝2年の検地帳によれば,反別は田16町余(うち堤外4町余)・畑35町余(うち堤外13町余)・屋敷9反余(染野家文書/取手市史)。村高は,「元禄郷帳」389石余,「天保郷帳」394石余,「旧高簿」389石余。寛保3年の流作場新田検地によって田畑26町余が反高場として打ち出された(染野家文書/取手市史)。寛文6年取手村が利根川端から北西の台地南側の低地に移住して新町を形成したが,のち当村も南東11町余離れた取手町新町続きの低地に大移動を実施して大鹿新町を形成した。この移動は,当村から離れた取手村へ昼夜の往還役を勤めてきたため困窮したとの元禄4年の移動申請が許可されたものと伝え,同10年までには移動が完了した。のち取手村地内の利根川岸にあった渡しも当村に移動した。こうして取手新町と大鹿新町は水戸街道取手宿を構成したが,両者を相宿とするか,取手を本宿,大鹿を加宿とするかをめぐって争論が続発した。元禄15年の家数121・人数559。寺社は,浄土宗弘経寺(朱印地30石)・臨済宗長禅寺・愛宕社・琴平社・白山権現社。宝暦13年商人伊勢屋源六(法号光音)は,長禅寺境内の西国・坂東・秩父の各霊場の観音100体を祀る百観音堂を再建し,また長禅寺を第1番札所とする新四国八十八か所霊場を相馬郡内に開基した。愛宕社は元禄15年の創建,琴平社は天明元年光音の勧請。明治3年の物産は,米315俵・麦150俵・小麦130俵・大豆150俵・小豆50俵・粟50俵。同8年茨城県,同11年北相馬郡に所属。「共武政表」によれば,戸数145・人口741・駄馬51・荷車8・人力車10。明治18年地籍編制の官令に際して「土地犬牙人民雑居其状恰も囲碁の如」で取手村との境界を立てることができなかったため(北相馬郡志),取手駅の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272023
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ