ケータイ辞書JLogosロゴ 大戸長岡郷(中世)


茨城県>茨城町

鎌倉期に見える郷名常陸国吉田郡のうち建保3年9月日の常陸国庁宣写に,「可早任先例令大戸長岡・⊏ ⊐根両郷,宛催吉田社内田倉・竈□両社造営事」と見え,吉田神社の末社田倉・竈神社の造営費用を負担する郷であった(吉田神社文書/県史料中世)弘安田文では吉田郡の部分が欠けているため田数は不明だが,嘉元田文に「大戸長岡三十町」と見える(所三男氏所蔵文書)鎌倉期に大戸・長岡両郷は,「大戸長岡」と併称されていたらしい現在の茨城町大戸・長岡のあたりに比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272123
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ