ケータイ辞書JLogosロゴ 大山郷(古代)


茨城県>伊奈町

平安期に見える郷名「和名抄」常陸国河内郡七郷の1つ「新編常陸」は江戸期の「上岩崎・下岩崎・房内,及今ノ筑波郡足高・城中・伊丹・浜田・上萱場・下萱場・栗山・神生・戸茂・戸崎・太田・板橋・野堀・西大和田・西狸穴・高岡・小張・谷口等」にあてるまた郷名は谷原領と称される民家が丘陵上に立地し,当郷が平坦な村里から望むと「高敞ニシテ皆丘ヲナセル」ことによるという「地名辞書」は「今詳ならず,牛久,岩崎などにもやとも云へり」とし,「郡郷考」は牛久城の地とするが,疑問伊奈町板橋に宮後古墳・大房地遺跡(土師器),同村勘兵衛新田に勘兵衛新田遺跡(土師器),同村野堀に野堀古墳,同村神生に神生古墳,茎崎町駒込に駒込遺跡(土師器),同町上岩崎に稲荷様古墳,同町下岩崎に下岩崎古墳群・館山西遺跡(土師器・須恵器)などがある現在の伊奈町北半の台地上から,茎崎町の上岩崎・下岩崎など牛久沼と西谷田川に挾まれた舌状台地にかけた地域に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272247
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ