ケータイ辞書JLogosロゴ 沖宿村(近世)


茨城県>土浦市

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国新治郡のうち。はじめ結城氏領,慶長6年土浦藩領,元和3年幕府領を経て,同4年からは再び土浦藩領。村高は,「元禄郷帳」744石余,「天保郷帳」「旧高簿」ともに769石余。「新編常陸」によれば,村の規模は東西15町・南北18町半。「県方集覧」によれば高744石余,小物成に御林下草銭・百姓山銭・川役銭があり,御林2,池4,用水堰1,三昧1,寺社は禅宗海蔵寺・真言宗東光院・同吉祥院・同神宮寺・同地福院・同専養院・同永福院・大六天社・明神社・鹿島社など。中貫宿の定助郷を勤め,天保4年の勤高644石余(土浦市史編集資料)。昭和2年の日光法会には大助郷も勤めた(土浦市史)。霞ケ浦四十八津の小津頭が置かれていた。藩主篤直から寛直までの60年間に田方の引高が100石以上に及び,うち水損319という。また貞享4年〜嘉永3年に田方の被害は66度に及び,うち水損37ともいう。明治元年には降雨で霞ケ浦の水位が上昇して当村沿岸が水冠水腐となった(同前)。明治8年茨城県,同11年新治郡に所属。明治22年上大津村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272319
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ