ケータイ辞書JLogosロゴ 奥原村(近世)


茨城県>牛久市

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国信太【しだ】郡のうち。幕府領,志摩鳥羽藩領を経て,のち下総関宿藩領。村高は,慶長8年の検地では498石余(牛久町史),「元禄郷帳」506石余,「天保郷帳」「旧高簿」ともに590石余。寛政7年当村名主富山小兵衛は大庄屋に任命される。天明8年牛久宿の加助郷差村となり,助郷高234石。文化元年牛久宿助郷一揆に参加し,過料は11貫文。安政5年当時郷倉は4棟あり,備荒の貯穀は籾56石余,稗86石余(牛久町史)。鎮守は鹿島神社,寺院は弘安年中創建という時宗竜池院願名寺。明治8年茨城県,同11年信太郡に所属。明治8年の産物は米367石・大麦140石・大豆44石・実綿300貫・松薪5万4,000本・炭2,500貫(県史市町村編)。同19年井ノ岡・久野・富田の各小学校が合併され,奥原尋常小学校となる。明治22年大和田村を合併し,奥野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272347
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ