ケータイ辞書JLogosロゴ 小栗村(近世)


茨城県>協和町

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国真壁郡のうち。元禄年間は幕府と旗本松前氏・井上氏・竹田氏の相給,元禄16年一部丹後峯山藩領となり,幕末期は峯山藩と旗本松前氏・竹田氏ほか旗本4氏の相給。村高は,「元禄郷帳」3,620石余,「天保郷帳」3,697石余,「旧高簿」3,629石余。江戸期になっても新治郡小栗村とした文書が多く,特に御朱印状は新治郡で記されている。小林与衛門の諸般記録によると,総反別436町8反,うち田168町9反・畑267町,村の規模は東西1,870間・南北1,415間。小貝川を水源とする用水の便はあったが,小栗用水堰はたびたび出水によって流された。また寛保2年水門樋(江戸でつくり享保14年伏替)流失など水との闘いが繰り返された。寛延4年当村の内外大神宮宮司は任官して小栗山城守となった。山城守が葬儀を自身で行うと宣言したため,当村の徳聖寺・藤長寺・一向寺はこれに反対。寺側は仏葬が先例だとして江戸へ出訴,翌年寺側が勝訴している。宝暦3年小栗山城守はじめて太々神楽13座を社家8人・子供4人で奉納する。現在の小栗内外大神宮宮比講のもととなる。文政11年諸村組合仲間を組織,小栗が寄場となる。社寺は内外大神宮(「旧高簿」神領30石),真言宗徳聖寺,曹洞宗藤長寺,時宗一向寺・西光寺。明治6年一向寺に小栗小学校開設。明治4年茨城県,同11年真壁郡に所属。同17年加波山事件遁走の経路となり警官隊出動。明治22年小栗村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272359
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ