ケータイ辞書JLogosロゴ 小坂村(近世)


茨城県>牛久市

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国信太【しだ】郡のうち。幕府領,志摩鳥羽藩領を経て,のち関宿藩領。村高は,「元禄郷帳」515石余,「天保郷帳」540石余,「旧高簿」541石余。宝暦6年の戸数59・人数355,寛政初年の戸数47・人口239,文政4年の戸数48・人口270。安永から寛政年間にかけて小前百姓が名主武右衛門の借用金返済をめぐる争論を起こし,結局名主を失脚させ,続いて年貢勘定にあたった小前惣代を襲ったため,小前惣代が老中松平定信に駕籠訴を行うという村方騒動が展開した。天明6年は小野川の氾濫による水害で凶作となり,また小野川の改修工事を実施した。天明8年牛久宿の定助郷村となる。同年の田方荒地223石余,畑方荒地103石余(牛久町史)。文化元年牛久宿助郷一揆に参加し,過料は11貫文。安政5年備荒の積穀は籾40石余,稗61石余(同前)。地内には享保14年創建の熊野神社があり,明治期に愛宕・厳島・天満各神社を合併。寺院は延宝2年創立という天台宗普門院慈眼寺,星住院薬王寺(現在廃寺)。明治8年茨城県,同11年信太郡に所属。同13年小坂小学校設立。同15年小坂原野の開墾が始まる。明治22年奥野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272364
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ