ケータイ辞書JLogosロゴ 小張村(近世)


茨城県>伊奈町

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国筑波郡のうち。慶長8年1万6,000石で松下重綱が当地の小張城主となった。慶長8年小張藩領,元和2年幕府領,寛文元年〜元和2年は旗本松平氏の知行,のち関宿藩と旗本勝田氏の相給。幕府の代官伊奈半十郎は当地の高台に陣屋を置いて谷原領の開発を指揮した。旗本松平乗政の陣屋も当地に置かれた。村高は「元禄郷帳」1,296石余,「天保郷帳」1,299石余,「旧高簿」1,296石余。当地に伝わる「松下流三本綱からくり花火」という綱火は,松下重綱が陣中の戦勝祝として考案したものと伝える。谷田部街道の宿駅として栄え,上宿・中宿・下宿・愛宕の4坪からなる。用水は小貝川を水源として福岡堰から取水する台通用水によった。社寺は鹿島神社・愛宕神社・八坂神社・曹洞宗高雲寺・浄土宗善空寺。明治8年茨城県,同11年筑波郡に所属。明治5年に小張郵便取扱所が設置され,善空寺に小張小学校開校。「共武政表」によれば,戸数148・人口795・馬44,主な産物は米・大麦・大豆。同11年小張連合村を形成。明治22年小張村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272513
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ