ケータイ辞書JLogosロゴ 小文間村(近世)


茨城県>取手市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国相馬郡のうち。寛永10年幕府領,同19年佐倉藩領,のち幕府領,延享3年幕府と佐倉藩の相給,のち清水家領,幕府領,文化9年幕府・旗本村上氏・高木氏の相給,天保12年幕府・旗本村上氏・高木氏・土岐氏の相給,慶応2年旗本竹本氏・村上氏・高木氏・土岐氏の相給を経て,同4年からは旗本竹本氏・津田氏・村上氏・高木氏・土岐氏の相給。幕府郡代伊奈氏の相馬郡谷原の新田開発に際し,百姓喜右衛門はその助成の功により寛永8年屋敷7反余を除地とされた。同21年枝郷神浦村を分村したという。村高は,「元禄郷帳」1,828石余(反別田126町3反余・畑97町7反余),「天保郷帳」1,890石余,「旧高簿」1,911石余,「旧高旧領」2,033石余。ほかに寛保2年には利根川付流作場33町9反余,延享元年には小貝川付1町2反余が,検地により反高場に編入された。享保5年の家数243・人数1,262。同6年の農間仕事に男は縄莚,女は糸機を織るという。また利根・小貝両川落合には,250〜350俵積みの高瀬船が4艘あり,小貝川・利根川を下って八十八か所巡礼や成田参詣の人々などを布佐・木下(ともに利根川対岸の千葉県)まで運んだ渡船(戸田井の渡し)もあった。天保14年の「農間商ひ渡世之もの書上」では,家数218うち農業一統のもの186(うち今般御趣意ニ付相止メ候分17),農間渡世之もの32。のべ軒数では質屋7,酢・醤油・水油7,飴・餅菓子6,麪類6・荒物4・酒造3・豆腐2など。寺社は,真言宗福永寺・東谷寺・安養寺・成就院・大聖寺・明星院・西光院,第六天宮(面足神社)・白山権現宮・香取大明神・春日大明神。福永寺は,天長元年海中から湧き出たという毘沙門天を本尊とする。大聖寺は不動明王を本尊とし,俗に麻疹不動として信心を集める。第六天宮は永禄元年の創建と伝え,安養寺が別当。香取大明神は嘉暦2年の創建と伝える。白山権現宮は西光院が別当。明治3年の物産は,米2,580俵・麦900俵・大豆350俵・稗150俵。同8年茨城県,同11年北相馬郡に所属。明治22年市制町村制施行により単独で自治体を形成。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272531
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ