ケータイ辞書JLogosロゴ 小文間村(近代)


茨城県>取手市

 明治22年〜昭和30年の北相馬郡の自治体名。大字は編成せず。明治24年の戸数319・人口1,642,厩89・船124。主に台地上に集落をなし,小貝川側の低地を水田とし,米を主な産物とする農村であるが,明治20年代半ばには相馬社などの製糸場も開設された。「村是」によれば大正2年の村況は,土地は田158町4反余(ほとんど湿田で一毛作)・畑130町2反余・原野37町9反余・山林63町6反余,戸数313・人口1,798,うち専業農家は194戸(自作41・小作104・自作兼小作81),養蚕は副業として全戸の5分の4が従事し,限定外に多育の弊があると指摘されている。生産総額は13万円余,うち米2,682石余で4万4,000円余,麦986石余で7,000円余,養蚕9,000円余,工産4万6,000円余(うち絹糸4万3,000円余,灯心・藺笠2,000円余など)であった。世帯・人口は大正9年342・1,684,昭和10年294・1,558,同25年361・1,969。同26年一部を六郷村に編入,六郷村清水の一部を当地に編入。同30年2月取手町の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272532
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ