ケータイ辞書JLogosロゴ 柏崎村(近世)


茨城県>霞ケ浦町

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国新治郡のうち。はじめ佐竹氏領,元禄年間・幕末期ともに水戸藩領。村高は,寛永12年「水戸領郷高帳」では安食村として,柏崎・岩窪ともにとあり1,722石余(ほか新田44石余),「元禄郷帳」359石余,「天保郷帳」401石余,「旧高簿」455石余。助郷は加助郷。当村は水陸交通の要所で霞ケ浦の四十八津に数えられた津であり,風待ち港として発展した。宿通りは商店街ともみられ,銭湯・宿屋などが並び明治期まで続いている。制札場は10枚の大制札場。四十八津における当村の津頭として小左衛門の名が見える(出島村史)。元禄5年霞ケ浦浦方役人与助川運上請負について反対願書が出された時の当村の津頭は次衛門となっている(県史料近世社会経済編)。天狗党が筑波山で決起した際当村出身の党員島田寅吉ほか数名が戦死(出島村史)。寺院は真言宗不断院(新編常陸)。明治8年茨城県,同11年新治郡に所属。同年柏崎小学校創立。明治22年安飾村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272641
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ