ケータイ辞書JLogosロゴ 神住新田(近世)


茨城県>伊奈町

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国筑波郡のうち。もと山王神住新田で,正保年間〜元禄年間に山王新田と当村に分村(新編常陸)。谷原領3万石の一部として開発された。幕府領,享保3年からは土浦藩領。村高は,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高簿」ともに118石余。「県方集覧」によれば,寛永11年の石高・反別は田はなく,畑118石余,畑・屋敷15町9反余。享保年間の家数18・人数114,馬8。排水が悪く,畑方5町余が水損場である。小貝川通の堤防が南側に250間,中通悪水の堤防が北側に86間ある(県方集覧)。明治8年茨城県,同11年筑波郡に所属。明治22年三島村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272656
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ