ケータイ辞書JLogosロゴ 片倉(中世)


茨城県>美野里町

 戦国期に見える地名。常陸国南郡のうち。天正13年と推定される11月24日の江戸通長・同通澄連署状に,「其地之御用心仕置,片倉之普請彼是候間,親類中其外相越申候」と見え,小幡城将大塚弥三郎・小幡孫二郎に対し,小幡城の守備強化と,小幡南方4kmに位置し小川・玉里城方面への分岐点として軍事上の要衝であった片倉に,砦の構築を命じている。現在この土塁跡が残る。また,天正年間と推定される11月22日の大掾清幹受領書出写に,「於片倉討人申に付而,受領被下者也」と見え,江戸氏と対立していた大掾清幹は,片倉における小松崎八衛門の軍功を賞し,豊後守を与えている(水府志料所収文書/県史料中世)。文禄3年の太閤検地を機に茨城郡に属す。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272675
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ