ケータイ辞書JLogosロゴ 堅倉村(近世)


茨城県>美野里町

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国茨城郡のうち。はじめ佐竹氏領,慶長7年宍戸藩領,正保2年幕府領,元禄13年からは陸奥守山藩領(明治3年松川藩となる)。村高は,「元禄郷帳」では片倉村として441石余,「天保郷帳」では古くは片倉村とあり627石余,「旧高簿」667石余。寺院は天台宗大乗院・真言宗観音院(新編常陸)。貴布禰神社は大同年間鎮座と伝える。水戸街道が通り,宿駅が置かれ,旅籠や飲食の店でにぎわったという。天明3年当宿は幕府道中奉行へ助郷村付属方を願い出て,同4年31か村・5,500石余に改められた(水戸市史)。明治4年茨城県,同11年東茨城郡に所属。明治22年堅倉村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272676
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ