ケータイ辞書JLogosロゴ 勝倉村(近世)


茨城県>ひたちなか市

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国那珂郡のうち。はじめ佐竹氏領,のち慶長14年からは水戸藩領。村高は,寛永12年「水戸領郷高帳」1,282石余,同21年「御知行割郷帳」1,242石余(うち田高725石余・畠高217石余),「元禄郷帳」1,342石余,「天保郷帳」1,476石余,「旧高簿」1,309石余。用水は小場江用水路。文化年間の村高と灌漑水田の比率は村高1,309石余に対し711石余で54%(勝田市史)。「水府志料」によれば,浜田組に属し,戸数133,村の規模は東西28町・南北20町。助郷は佐和・枝川・田彦宿などに出役。鎮守は香取(勝倉)明神社で禰宜は檜山対馬(鎮守帳)。寛文3年「開基帳」によれば,寺院は真言宗宝巌寺・地蔵院のほか,鐘泉院・勝蔵院・福寿院・正福院・正蔵院などがあったが,寛文6年の水戸藩寺社整理でいずれも破却。このほか,慶長3年開基の時宗道明寺がある(勝田市史)。那珂川の舟運の発達により当村の渡し場には河岸や旅籠が営まれた。元禄年間は中丸瓜の特産地(水府地理温故録)。寛政5年水戸藩主徳川治保の命を受け,天下野【けがの】村の郷医木村謙次とともに蝦夷地の調査に赴いた武石祐左衛門は当村の庄屋。民間武術家では為我流3世の鹿島武次衛門,蕉風俳諧の流れをくむ遅月派の幹翠園寥亮,湖中派の幻窓清波らがいる(勝田市史)。明治4年茨城県,同11年那珂郡に所属。明治5年字船渡に小学校開校,同7年濯々【たくたく】小学校と称した。同15年大火により,民家29戸焼失。明治22年勝田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272704
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ