ケータイ辞書JLogosロゴ 神田山村(近世)


茨城県>岩井市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国猿島【さしま】郡のうち。はじめ守谷藩領,元和3年幕府領,同5年大名土岐氏領,寛永4年幕府領,同19年佐倉藩領,万治3年幕府領,のち大名堀田氏領,寛文8年大名酒井氏領,天和元年幕府領,同3年関宿藩領を経て,享保10年からは飯沼開発に伴い幕府領となる。飯沼の開発には名越氏と当村村民が新田開発を請け負った。村高は,慶長年間500石余,寛文13年の酒井氏検地では601石余・反別108町余(名越家文書),「元禄郷帳」616石余,「天保郷帳」1,604石余,「旧高簿」698石余,ほかに神田山新田905石余,「旧高旧領」1,604石余。享保12年の家数169・人数762。天保9年農間渡世書上帳によれば,高616石余,家数137(農業一統渡世121・農間商い渡世16)・人数715(県史料近世社会経済編)。天保12年の家数137,うち居酒屋6・煮売3・豆腐屋1・油揚屋1・紺屋1・穀屋荒物屋3・青物屋2・鍛冶屋1(崎房秋葉光夫家文書)。助郷は,将軍日光社参に日光東街道宿々へ勤め,宝暦2年取手宿に,弘化4年には古河宿に勤めた。慶応4年新政府軍の会津出兵に伴う送迎のため仁連宿・諸川宿に人馬を出した。鹿狩は,享保10年・同12年・寛政7年・嘉永2年ともに勢子を出す。寺社は,真言宗妙音寺・延命院,八坂神社・星神社。明治8年茨城県,同11年猿島郡に所属。明治22年神大実村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272729
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ