ケータイ辞書JLogosロゴ 金上村(近世)


茨城県>ひたちなか市

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国那珂郡のうち。はじめ佐竹氏領,のち慶長14年からは水戸藩領。村高は,寛永12年「水戸領郷高帳」193石余(ほか新田3石余),同21年「御知行割郷帳」216石余(うち田高56石余・畠高160石余),「元禄郷帳」227石余,「天保郷帳」273石余,「旧高簿」285石余。用水は金上溜と小場江用水路。文化年間の小場江用水路の村高と灌漑水田の比率は村高229石余に対し64石余で28%(勝田市史)。「水府志料」によれば,浜田組に属し,戸数43,村の規模は東西5町余・南北15町余。助郷は佐和・枝川・田彦宿などに出役。享和2年の戸数44(市村操家文書)。鎮守は旧八幡を潰し本山派山伏支配権現社(鎮守帳)。寛文3年「開基帳」によれば行人長覚坊があったが,寛文6年の水戸藩寺社整理で破却。延宝5年・享和3年に伝馬役の不当,金銭問題,上納不正,村入会,人馬役扶持米などの配分をめぐって庄屋と農民の間で村方騒動が起こった(勝田市史)。特産物は大根。大根栽培は当村の百姓西野常三郎が富士浅間,石尊詣りの帰りに大根の種子を買い求めてきたのが始まりとされる。常三郎はのち採種の方法を改良するなど大根栽培の普及に務め,文化年間頃には村内全域にわたり栽培された(茨城県農家副業)。明治4年茨城県,同11年那珂郡に所属。同19年六ケ新田の一部を編入。明治22年勝田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7272761
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ