ケータイ辞書JLogosロゴ 勘助新田(近世)


茨城県>岩井市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国猿島【さしま】郡のうち。享保10年正月飯沼新田の開発は神田山村と同村名主名越武右衛門の請け負いで始められたが,同13年当地の請負権が若林村名主染谷勘助に譲られ開発された。幕府領。村高は,「天保郷帳」892石余,「旧高簿」816石余,ほかに勘助新田沓掛村三右衛門受75石余,「旧高旧領」892石余。反割60町余。享保年間の家数23・人数137(尾崎秋葉五郎兵衛家文書)。天保9年農間渡世書上帳によれば,高816石余,家数24(うち農業一統渡世21・農間商い渡世3)・人数187(県史料近世社会経済編)。同12年の家数24,うち居酒屋1・下駄拵1(崎房秋葉光夫家文書)。鹿狩は寛政7年・嘉永2年に勢子を出す。助郷は,天保9年諸川宿に人足18・馬2を出し,宰領は今井小左衛門が勤める(諸川中村家文書)。天保14年の将軍日光社参には仁連宿に人馬を出す。慶応4年新政府軍の会津出兵に伴う送迎のため仁連宿・諸川宿の助郷を勤めた。享和2年6月の大風雨のため飯沼新田が水害を受け翌年の御普請に人夫を出す(幸田新田藤野家文書)。元治元年天狗党騒動に農兵10人を出す(馬立古矢家文書)。鷲神社がある。明治8年茨城県,同11年猿島郡に所属。明治19年勘助小学校設置。明治22年飯島村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7273151
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ