ケータイ辞書JLogosロゴ 黒子村(近代)


茨城県>関城町

 明治22年〜昭和31年の真壁郡の自治体名。木戸・梶内・西保末・稲荷新田・黒子・辻・井上・中村新田の8か村が合併して成立。旧村名を継承し8大字を編成。東部は低地で水田が多く,西部は台地で畑や山林が多い。東西約3.3km・南北約3.7km。役場を辻に設置。村名は,旧黒子村に天台宗の巨刹千妙寺があって,黒子の名がよく知られているのでその名をとった。明治23年黒子堰用水普通水利組合設立。同24年の戸数402・人口2,744,厩144,船10。排水の処理については下手の騰波ノ江【とばのえ】村と利害が対立し,明治20年代に水利事件が発生,明治31年には黒子騰波悪水排除普通水利組合が生まれた。学校は明治5年創設の黒子尋常小学校が黒子にあったが,明治36年高等科を併設。以後児童数の増加に伴い増改築が行われた。昭和22年黒子中学校を小学校に併置。当村は下館・下妻を結ぶ県道(現国道294号)が南北に貫通,大正2年常総鉄道が開通し,辻に黒子駅ができた。同10年関本〜海老ケ島間に郡道(現県道明野間々田線)開通。昭和3年小貝川に黒子橋完成。物産は米・麦が中心でほかに茶・繭などがあった。世帯・人口は,大正9年603・3,226,昭和10年623・3,675,同25年830・4,809。昭和31年関城町の一部となり,稲荷新田は稲荷と改称し,村制時の他の7大字とともに同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7273427
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ