ケータイ辞書JLogosロゴ 古徳村(近世)


茨城県>瓜連町

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国那珂郡のうち。はじめ佐竹氏領,のち慶長14年からは水戸藩領。村高は,寛永12年「水戸領郷高帳」896石余,「元禄郷帳」953石余,「天保郷帳」1,020石余,「旧高簿」569石余。「水府志料」によれば,八田組に属し,戸数84,村の規模は東西約26町40間・南北約22町20間,東野村あたりから水戸城下への道筋にあたる。上・中・下・田向の4組がある。勢揃山は,静村静神社渡御の際の神輿休場。神社は富士権現(新編常陸)。明和8年静神社の祭礼の際,太田鋳銭座を襲撃する農民一揆が起こり,静村と当村の村役人が取り調べられ,50日入牢している(加藤寛斎随筆)。明治4年茨城県,同11年那珂郡に所属。明治22年瓜連【うりづら】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7273628
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ