ケータイ辞書JLogosロゴ 下岩崎村(近世)


茨城県>茎崎町

 江戸期〜明治22年の村名。常陸国河内郡のうち。もと岩崎下村と称したが,正保・元禄年間に下岩崎村と改称。元禄年間は牛久藩領,のち旗本阿部氏・渡辺氏・村上大膳・村上内記の相給を経て,幕末期には上野【こうずけ】前橋藩・旗本渡辺氏・村上友之助・村上内記の相給。村高は,「元禄郷帳」では古くは岩崎下村と見え498石余,「天保郷帳」505石余,「旧高簿」515石余。寺院に,天文3年岩崎勘解由の開基と伝える曹洞宗岩崎山守徳寺がある。そのほか泊崎大師堂・観音堂は,空海ゆかりの御堂と伝える(茎崎村史)。神社は応永年間創建という貴船神社,正徳3年建立の五十瀬神社。明治8年茨城県,同11年河内郡に所属。明治6年岩崎小学校が創立したが,同19年高崎尋常小学校下岩崎分教場となる。明治22年茎崎村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7274154
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ