ケータイ辞書JLogosロゴ 新町(近世)


茨城県>笠間市

江戸期〜明治11年の町名笠間城下の1町笠間城の西,北は鉄炮町,南は高橋町に挾まれて位置する笠間5か町の1つ町の規模は,南北4町30歩・広さ6歩寛永17年城主浅野長重が田を埋めて町屋とする新しくつくられたため新町という町の中央東側に城山稲荷があり,元禄6年井上正任が笠間を去る時に,城中に祀っていた稲荷社を移したので,城山稲荷と称されたという宝永2年「町方軒別書上」によれば,屋敷数84軒・店借41戸,人数433人,内訳は地作28(うち店借6)・酒売3・塩屋2・茶売3(うち店借1)・紺屋3など(県史料近世社会経済編)明治11年笠間町の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7274474
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ