ケータイ辞書JLogosロゴ 外西町(近世)


茨城県>土浦市

江戸期〜明治22年の町名土浦城下のうち土浦城の西に位置し,東は堀川を隔てて内西町に接するはじめのちの内西町とともに西町(のち内西町・外西町の総称として存続したという)のうちであったとみられる「新編常陸」によれば,万治元年当地の民家は田宿町の北(のち裏町)に移住させられ,その跡には長屋が築造されて勝軍木【ぬるで】曲輪に居住していた足軽が配置されたことにちなみ足軽町とも,土浦城北東部の足軽町と区別するために西足軽町とも称するようになったとみられるただし,享保年間の土浦城郭図(土浦市立図書館蔵)では西町と見えるのち旧西町のうち堀川を挾んで外郭に位置することにちなみ改称したとみられる(土浦市史)武家地幕末期には,五十嵐愛山が私塾を,勅使河原勘兵衛・海老沢要蔵・五十嵐安右衛門などが寺子屋を開いていた寛文8年当町外記門前から出火し,松林寺・田宿町一帯が焼失し,安政3年春にも当町から出火天保10年二之丸から藩校郁文館が移転,文館と武館が併設されて文武館とも称された(同前)明治22年土浦町土浦の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7274647
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ